LOG IN

二式戦闘機 - 工程 #-08

by Naoki.URAI✅

前回からの続き

ラストスパート

ほぼ全体の作業が終わったので、残った部品を付けていきます。細かいし折れそう。ランナーから切り離したり、処理をする度に手元のピントが合うまで息が止まります。マジでヘッドルーペを買おうと思いました。

こういう部品を扱っている時に限ってクシャミが出そうになる私はドMなのでしょうか。

つまようじと比較
つまようじと比較

主脚まわり

既に塗装を済ませてあるので、シンナー系の接着剤は使いません。少し強度は落ちますが、これを使います。この前の悲劇のときもこれを使えばよかった ...

どろどろ
どろどろ

完全に硬化すると透明になって目立たないですし、おすすめです。ただ塗布した最初の10分くらいはかなり緩く、ちょっとした衝撃でずれてしまうので、お気をつけください。

部屋とシンナーとキャノピーとアンテナと照準器

このハセガワのプラモデルって透明部品が綺麗ですね。クリアパーツなんて透明っぽく見えるだけで、光とか曲がって向こう側が見えなかったように記憶してるんですが、技術の進歩ですかね。

リタッチ

銃身は途中からメタリックアイアンを、ライトが付く部分には青竹色をぬりました。

再現性にうるさい人が見たら絶叫するでしょうね。

ひと手間

ガンプラを作った時の余りパーツを流用して一手間加えます。ライトの部品にはシルバーを塗装済みです。

震える ...
震える ...

クリアパーツをつけマスキングして主翼と同じく 黒 -> シルバー -> 黄色の順で塗装。このライトを覆う部品も透明度が高くて素敵です。

もうひと手間

カウリングに、弾の出る穴があります。

ここに以前余った銃身のパーツを付けました。これも忠実なモデラーが見たら絶叫しそうですね。どうぞ叫んでください。と思ったんですが、翌日見直すと自分でもやりすぎ感が... ま、いっか。

出すぎ。ちょっとガンダムっぽくなってしまった。
出すぎ。ちょっとガンダムっぽくなってしまった。

そして3度の悲劇!

デカールが剥がれた!!「ぺろ」ってなんだよ、あの感触!

... 完成まであと一歩だったのに ...

トップコートが甘かったのか、撃墜マークまで ...これも本来の仕様とは違いますが、余っていた他のデカールを張り直し ...

完全に心がおれました。週末は心のエネルギーが復活していることは祈りましょう。今回はここまで ...

Author

失敗から学ぶ事が多い。


Naoki.URAI✅
OTHER SNAPS