LOG IN

たたかう初老

by Naoki.URAI✅

すごく良いポストがスマホの通知に届いた。

どんな仕事でも始めたら止まってはいけない。
始める・続ける事は、計り知れないストレスになるだろう。

実際 20 代の後半まで、自分は確実にそうだった。

与えられる課題から逃れようと必死だった。口癖のように自分は頑張っているとか、仕様だとか、要件が曖昧だとか、今考えると責任転化ばかりに勤しんでいた。

そんな自分が少し変わったんじゃないか?と感じたのは、今をときめく緑色の会社に就職した時だ。

その時は、緑色ではなかったが、社長も会社も、毎日のようにメディアを賑わせていた。

正直いうと、どうせ今で言うバーリーピーポーばかりだろうと舐めて入社をしたが、そんな考えは、ものの1ヶ月も経たないうちに根元からポッキリおられた。

ハラスメントや罵詈雑言などではなく、完全に実力でなぎ倒された。自分が「ま、いいか」と思うコードを書けば書くほど、彼らとの差が広がっていくのがわかった。

なんで秀○なんか使ってんの?と不思議な顔もされた。

在籍は 2 年ほどだったが、ものすごく濃密な 2 年だった。

今でも自分に負けそうな時は、彼らの顔が頭に浮かぶ。

カッコ悪いところを見られたくない。

自意識過剰だと自分でもわかっているが、それがいまだにモチベーションの根っこになっている。

そう。

メンテが終わらないこの瞬間も

Author

こりゃ朝までかかるな!
へたに昼間とか足払いタスクのあり得る時間帯をチョイスしなかった俺さすが!


Naoki.URAI✅
OTHER SNAPS